Archive for the ‘備忘録’ Category

USBドライバー・インストールの救世主?

2015年12月25日

Windowsで時々困るのがデバイスドライバーの不調。古いドライバーをアンインストールしても、デバイスマネージャーからデバイスを削除しても、Windowsにゴミが残っていて、正しいデバイスドライバーを入れられないことがあります。

(more…)

Advertisements

カスタムROMを作るときの注意

2013年9月4日

Android4.3が発表されたので、Nexus4にcm10.2(nightly)を入れてみることにしました。

完成して使ってみると、やけにバッテリーの減りが速い。CSipSimple入れてるからかな?と思ったものの、BetterBatteryStatsをPlayストアで購入して、詳しく調べてみました。

するとMMSが異常にバッテリーを消費していることが判明。今回も何も考えず、Android4.1の時から使っているソフトバンク用UAを入れて、バブル表示にしたMms.apkをcm10.2のMms.apkと入れ替えていました。

cm10.2のMms.apkに戻したところ、バッテリーの減りは普通に戻りました。ただ、cm10.2のものは見た目がシンプルすぎるので、今回はこちらをバブル表示できるように改造しました。(cm系のMms.apkは日本語リソースが完全に翻訳されていないので、一部メニューの表示が英語になるんですよね…時間があるときに直そうと思いますが。)

カスタムROMを自作したり、apkを入れ替えたりする場合は、システムとバージョンを揃えておかないと、今回のようなことが起こるといういい勉強になりました。Android4.1もJBだし、Android4.3もJBだから問題ないだろうと思いましたが、中身はかなり変わっているようですね。

ところで次のAndroidの名前はKey Lime Pieではなく、KitKatになったようですね。Key Lime Pieには違和感を感じていたので、KitKatの方がしっくりきます。

Chrome.apkをカスタムROMに入れる場合

2013年9月3日

Chrome.apkをカスタムROMに入れる場合、そのまま/system/appに入れても異常終了してしまう。

apktoolでChrome.apkをデコンパイルし、対応するlibchromeview.soを取り出す。このlibchromeview.soを/system/libに入れれば、Chromeは起動する。

ただ、このままではChrome.apkに巨大なlibchromeview.soが入ったままなので、ちょっとスペースの無駄。apktoolでデコンパイルしたChrome.apkの中の/libを削除して、再度コンパイル・サインしてlibchromeview.soなしのChrome.apkを作ればOK。

wordpressのサイト名(ディレクトリ名)を変更する場合

2013年8月24日

WordPressは自身でサイト・ディレクトリ情報を管理しているので、今までwww.hoge.comで運用していたサイトをwww.hogehoge.comに移そうとすると、ディレクトリ構造がぐちゃぐちゃになって元のように動いてくれません。

移管する場合は、事前に以前のwww.hoge.comのsettings->generalから

WordPress Address (URL)
Site Address (URL)

に記載されているwww.hoge.comからwww.hogehoge.comに書き直してから、サイト名(ディレクトリ名)を変更して、改めてwww.hogehoge.comでログインする必要があります。

絶対パスではなく、相対パスで管理してくれればいいのに…と思ってしまいますが。

【ubuntuサーバー再構築】no.06 バーチャルホストの設定

2013年8月24日

前回は時間がなかったのでバーチャルホストの設定はしませんでしたが、本日きれいに整理してみました。

やや古く誤植もありますが、こちらのUbuntu Japanese Teamのwikiページに丁寧に解説されています。

今回はwww.hoge.comというウェブを設定する例で作業を紹介いたします。前回、localhostからウェブにアクセスできなかったわけですが、/etc/hostsに問題があることは分かっていましたので、今回はwikiにあるように次のように設定しました。

127.0.0.1 localhost.localdomain localhost localdomain
192.168.xxx.yyy http://www.home.com www hoge.com #192.168.xxx.yyyはローカルホストのローカルIPアドレス

さてこれでローカルホストからもhttp://www.hoge.comにアクセスできるようになりました。
(more…)

ubuntuをUSBメモリーに入れて持ち運ぶ場合

2013年8月24日

ubuntuをUSBメモリーに入れて持ち運ぶ場合、つなぐPCによってネットワーク・アダプタのMACアドレスが変わってしまうので、ネットワークが使えなくなってしまう場合の対処。

カードの情報は/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rulesに書かれているので、これを削除すれば次回新たに作られる。これをシステム終了時に行えば、端末が変わってもネットワークが使える。

/etc/init.d/rcに以下のスクリプトを一番上の方に追加。
####
if test x$RUNLEVEL = x0 -o x$RUNLEVEL = x6 ; then
rm -f /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
fi
####

中身は至って簡単。終了時もしくは再起動時に/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rulesを削除。

【ubuntuサーバー再構築】no.05 DNSをお名前.comからFreeDNSへ変更

2013年8月23日

お店のドメインはお名前.comを使っているわけですが、お名前.comが提供するダイナミックDNS用クライアントはWindows版だけなので、ubuntuでサーバーを組んでも、IPアドレスの更新に別にWindowsマシンが必要となってしまいます。

うちにはWindowsの録画サーバーがあるので、今までそこでダイナミックDNS用クライアントを走らせていたわけですが、この機能をubuntuのウェブサーバー上に持っていくことにしました。そのためにはDNSをお名前.comから別なサービスへ移行する必要があります。今回利用する無料のサービスはFreeDNS。いくつか試した中で、一番DNSレコードの設定が柔軟でした。

単にすべてのサーバーを自前で持っていればいいのですが、うちの場合は

ウェブサーバー:自前
メールサーバー:Google Apps for Business

なので、少々設定が厄介でした。 はじめ、次から次へと出てくるwarningでちんぷんかんぷんでしたが、ちゃんと英文を読んでお作法を理解すると意外と簡単でした。この辺の面倒くささはお名前.comも同じで、分かっている人向けのサービスなのでエラーメッセージなどが親切ではないんですよね。

(more…)

【ubuntuサーバー再構築】no.04 x11vncを設定してみる

2013年8月23日

ubunto 10.04ではかなりvncの設定に苦労しましたが、x11vncのお蔭でその苦労も嘘のようです。

いろいろな方がx11vncの解説を書いてますが、多分こちらの絶対無糖さんの設定方法が一番素直で、正解なのではないかと思います。
(more…)

【ubuntuサーバー再構築】no.03 wordpressのお引越し

2013年8月23日

本来は非常に簡単な作業なのですが、ちょっとしたことに気が付かずはまってしまいました。

作業はプロセスは至って簡単です。
古いサーバー

  • 古いmysqlからデーターベースをエクスポート
  • wordpressのディレクトリを丸ごとコピー

新しいサーバー

  • mysqlで全く同じ名前でデータベースを作る
  • mysqlにデータをインポート
  • wordpressを丸ごと戻す
  • apache2の設定

という流れになります。
(more…)

【ubuntuサーバー再構築】no.02 nautilus-open-as-rootの不思議

2013年8月23日

ubuntu 12.04には10.04にあったnautilus-gksuのような便利なものがなくなってしまったので、通常のnautilusの右クリックで、open as rootと出るプラグインを入れることにしました。

インストールの方法は他のサイトでも説明されているように、

sudo add-apt-repository ppa:nae-team/ppa
sudo apt-get update && sudo apt-get install nautilus-open-as-root
nautilus -q もしくはログアウトもしくは再起動

で基本的には行くはずなんですが、右クリックで選択してパスワードを入れてもrootで別ウィンドウが開かない… 何度やり直しても、OS再インストールしても、うんともすんとも言わない… 結局一度synapticでnautilus-open-as-rootを削除して、インストールし直したら普通に動くようになりました。

この時は、ubuntu 12.04.2 server amd64を使っていたのですが、ubuntu 12.04.2 desktop i386ではあっさりインストールできたので、apt-getだと依存関係で何かが抜けていたのでしょうか?不思議な出来事にかなりの時間を割かれました。