Archive for May, 2017

MediaPad T2 7.0を快適に使うためのコツ

2017年5月23日

HuaweiのRAMの管理は独特で、RAMが3GB以上搭載されていればそれ程気にする必要はないのですが、MediaPad T2 7.0のようにRAMが2GB以下の場合、快適に使うためには幾つかコツがあります。

一番気にしなければいけないのは、RAM食いのアプリを使わないことです。例えば、FacebookやFacebookメッセンジャーはRAMをたくさん使います。RAMの空き容量が少なくなるとMediaPad T2 7.0は一気にもたつきます。FacebookメッセンジャーではなくFacebookメッセンジャーLite(公式軽量版)を使うことでRAMを節約できます。英語キーボードもGboard(削除するか無効にする)ではなくAOSPキーボードに切り替えると軽くなります(詳しくは前回の記事に)。Google Search(Velvet)もかなりのRAM食いです。検索をブラウザで行うと割り切っていれば、削除してもいいと思います。

次に気を付けなければいけないのは、システムアプリです。rootを取ってプレインストールされた不要なアプリを削除するのは定石ですが、MediaPad T2 7.0の場合もう少し工夫が必要です。例えばChromeの場合、システム領域にあると設定の「保護されたアプリ」に出てきません。そこで/system/appから削除し、Playストアから再度インストールすると「保護されたアプリ」に現れます。デフォルトでは保護される設定になっているので、保護を外します。これで画面がオフになるとChromeはRAMから開放されるので、Chromeを使っていない時のRAMの空きが増えます。タブレットではあまり使わないマップも同じようにしてもいいかもしれません。

軽いAOSPやLineageのようなOSが出てこないので、色々工夫しなければいけませんが、段々そこそこ快適に使えるようになってきました。Nexus 7 (2013)の方がもたつきは少ないですが、処理速度やグラフィックスはMediaPad T2 7.0の方が速いと思います。Nexus 7を久しぶりに持つと「うわっ、重い…」と思ってしまいます。MediaPad T2 7.0は扱いにくい端末ですが、この軽さは神だと思います(笑)

Advertisements

GboardとGoogle日本語とMediaPad T2 7.0と

2017年5月13日

Huawei MediaPad T2 7.0にGboardとGoogle日本語入力を入れていましたが、キーボードを切り替えようとすると数秒掛かっていました。日本語と英語を使うので、キーボードの切り替えに数秒待たされるのはかなりストレスでした。

MediaPad T2 7.0はRAMが少ないし、Google日本語入力だけでも英語はタイプできるので、Gboardをアンインストールしてみたものの、Google日本語入力で英語をタイプするのは結構面倒でした(スペースを自動で入れてくれない、スワイプで入力できない)。

そこで軽めの英語のキーボードを探してみたものの、ピンとくるものがなく、ダメ元でGboardより若干サイズが小さなARM64向けのAOSPキーボードを入れてみたところ、Google日本語入力との切り替えで待たされる時間が大幅に減少。とは言え、はじめの切り替えで4〜5秒掛かっていたのが2秒弱になったというレベルで、待たされることには変わりはないのですが、まだ我慢できる範囲のラグです。

RAMの空きのせいなのか、内部ストレージが遅いのか… Huaweiは癖があり過ぎです。