たまには内部ストレージのメンテナンスが必要

先日Nexus 5のROMをアップデートする際、Titanium BackupとTWRPでバックアップを取ろうとしたら、内部ストレジに空き容量が足りないと叩かれた。そこでMusicフォルダをPCに退避させようとしたところ、異常にコピーが遅い。何かがおかしい。

結論を先に言えば、色々ROM焼きを繰り返していると内部ストレジにゴミファイルが溜まっていき、内部ストレジの空き容量が少なくなり、PCと接続するときに安全に取り出さないと、時々ファイルシステムが壊れ、コピーが遅くなったりファイルが壊れたりする。

内部ストレジに空き容量を作り、バックアップを取り、内部ストレジ内のデータが入っているフォルダ(隠しフォルダやアプリが勝手に作ったフォルダを除く)をPCにすべて退避させて、TWRPで/dataを初期化してみることにした。(内部ストレジは/data内にあるので)

まずはTWRPを起動し、「Wipe」に移動。「Format Data」を選択すると、「/dataを初期化すると、内部ストレジ内のアプリのデータ、バックアップデータ、写真、動画、メディアおよび暗号がすべて削除されます。実行すると取り消しできません。続ける場合はyesとタイプし、キャンセルする場合は戻るボタンを押してください。」と英語で表示されるので、yesとタイプし、実行ボタンを押す。

念のため、/dataのファイルシステムを修復しておく。ホームボタンでメイン画面に戻り、再度「Wipe」に移動。今度は「Advanced Wipe」を選択。/以下のパーティションが表示されるので、「data」にチェックを入れ選択し、「Repair or Change File System」ボタンを押す。「Resize」「Repair」「Change File System」などのボタンが表示されるので、「Repair」を押す。「Swipe to Repair」をスライドさせて、/dataパーティションを修復。

最後に、ホームボタンでメイン画面に戻り、再度「Wipe」に移動し、「Advanced Wipe」を選択。「data」にチェックを入れ選択し、「Swipe to Wipe」をスワイプし、/dataをフォーマットする。ここで、一度TWRPをリブート。

PCに退避していたフォルダをすべて内部ストレジに戻し(必要があれば内部ストレジ内のフォルダ・ファイルの権限を修正)、TWRPのバックアップを復元。復元終了後システムを起動し、作業は終了。

PCに接続し、内部ストレジからPCへファイルをコピーしてみたところ、スピードがかなり改善。内部ストレジの空き容量も数GB増加。最近何故かもっさりしてきたNexus 7 (2013)も同様にメンテナンスしたところ、サクサク感が戻った。

ROMを焼くたびに毎回バックアップをして、PCにデータを退避させて、ストレジを修復して、データを戻して、バックアップを復元して…と面倒なことはできないものの、たまには内部ストレジをメンテナンスする必要があると実感した。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: