結局CSipSimpleはだめ?

以前CSipSimpleが着信しない場合の対処法を書きましたが、この方法はKitKat以降使えなくなってしまいました。KitKat以降では、スクリプトでOOMの優先順位を変えても、所定の優先順位に戻ってしまうからです。

Android標準のSIPはバッテリーを消耗すると聞いていたので、それでもNexus 4ではCSipSimpleを使い続けていたのですが、やはり着信しないのは非常に不便です。

Nexus 4をLollipopにアップデートしたので、ついでに悪名高きAndroid標準のSIPを試してみることにしました。

電話→設定→通話設定→Phone account settings(何故かここだけ日本語のリソースがない…バグ)→インターネット通話(SIP)アカウント→アカウント追加、と進んでいきます。
Screenshot_2014-12-09-12-04-02

私はFusion IP-Phone SMARTを使っているので、ユーザー名は電話番号の下8桁、パスワードは所定のもの、サーバーはsmart.0038.netを指定します。保存して二つ前の画面、Phone account settingsに戻ります。

Screenshot_2014-12-09-12-10-59

Make calls with(ここもまた英語のまま…):発信するときに、常に携帯電話、常にIP電話、毎回尋ねるを選ぶ
インターネット通話を使用:連絡先に登録しているSIP番号のみ利用、すべての電話番号に利用を選ぶ
着信を受ける:チェックを入れておかないと発信のみ

CSipSimpleの便利な機能としてフィルター機能がありました。こちらはRoot Call Blockerで代用しようと思います。

さて、気になるバッテリーの消耗ですが、WiFiでは「Android標準のSIPはバッテリーを消耗するって誰がほざいてるんだぁ!!」というくらいまったく消耗しませんでした。ただ、3G時は毎時5%程バッテリーを消費しますね… 待受が20時間というのも実用的ではないですね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: