【ubuntuサーバー再構築】no.03 wordpressのお引越し

本来は非常に簡単な作業なのですが、ちょっとしたことに気が付かずはまってしまいました。

作業はプロセスは至って簡単です。
古いサーバー

  • 古いmysqlからデーターベースをエクスポート
  • wordpressのディレクトリを丸ごとコピー

新しいサーバー

  • mysqlで全く同じ名前でデータベースを作る
  • mysqlにデータをインポート
  • wordpressを丸ごと戻す
  • apache2の設定

という流れになります。

1) 古いmysqlからデーターベースをエクスポート
mysqldump -u [データベースにアクセスできるユーザー名] -p [データペース名] > wordpressdb_yyyyMMdd.sql
以上です。非常に簡単です。

2) 圧縮してもいいですし、普通にcp -aでコピーしてもいいと思います。

※wordpressをアップデートしたりすると、データベースも再構築したりします。両方で同じ構造のデータベースを使う必要があるので、別々な日付でデータベースとwordpressのディレクトリをバックアップするのではなく、同時にした方がトラブルを避けられます。

3) 新しいサーバーで全く同じ名前のデータベースを作ります。
mysql -u root -p でmysqlにはいり、

create database [データペース名];
exit

で完了。

ユーザーを作成する場合は、exitする前に、

grant all privileges on [データペース名].* to [ユーザー名]@localhost identified by 'password';

として、権限を与えることで新たなユーザーが作られます。

4) 元のデータをデータベースにインポートします。

 mysql -u [ユーザー名] もしくは root -p [データペース名] < wordpressdb_yyyyMMdd.sql

で完了。

至って簡単です。

5) wordpressのディレクトリを丸ごと元と同じ位置に戻す。

6) 基本的にapache2の設定も元と同じようにします。

7) FTPでアップデートできるようにsynapticでvsftpdをインストールします。今回は/etc/vsftpd.confを以下のようにしました。

anonymous_enable=NO
local_enable=YES
write_enable=YES
ascii_upload_enable=YES

vsftpdを再起動。
sudo service vsftpd restart

以上でお引越しは終了です。

ところが、家の他のPCから見てみるとサイトが見えない… おかしい… とさんざん手順や設定を見直してみましたが原因が分からず… と思っていたのですが、同じLANの中だったので正しくウェブアドレスがリダイレクトされていないだけでしたorz hostsを書き換えたら普通に動いていました。LANの外から見ていれば何時間も前からちゃんと動いてたというオチでした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: