ソフトバンクのWiFiについて

お父さんが目印の「ソフトバンクWi-Fiスポット」。仕組みとしては、APに接続して、その後ウェブを通して認証を行い、接続できるようになります。

この仕組みは、WiFi携帯、Android、iPhone、iPadすべて共通なのですが、「ウェブを通して認証」というところに癖があります。この際、ウェブのUAを受け取って、端末を判定し、端末に合った形のID・パスワードを送信しないと接続できません。

例えば、私が使っている「パケットし放題フラット」はX04HTの時に加入したものなので、X06HT(HTC Desire)でも同じAPNで使用し続けることができます。ただ、この時についてきた無料の「ケータイWi-Fi 」オプションサービスは普通のWiFi携帯やX04HT向けのものなので、(以前はこのような制限はなかったのですが、最近の)Androidアプリの「Wi-Fiスポット設定」では弾かれてしまいます。

※以下は情報提供を目的としたもので、ソフトバンクが認めていない「ソフトバンクWi-Fiスポット」の使用方法を勧めるものではありませんし、以下を参考にしてソフトバンクが認めていない使用方法で実際に「ソフトバンクWi-Fiスポット」を使用した場合の責任は負いかねます。

これを逆手に取ると、ウェブのUAを偽造してログインすれば、認証が通ることを意味しています。ウェブのUAを変えてしまったら、ロングインできても、他のサイトがちゃんと見られなくなると思うかもしれませんが、ブラウザ・アプリには特定のドメインのみUAを偽造するような機能やプラグインがありますので、ログイン画面のドメインのみをWiFi携帯のUAに偽造するようにすればいいだけです。

  • UAがWiFi携帯、Android:ID=電話番号、パスワード=4桁の暗証番号
  • ※UAがAndroidの場合、認証時に電話番号に紐付されたパケット定額プランが「パケットし放題フラット for スマートフォン」か「ソフトバンクWi-Fiスポット」に加入しているかがチェックされます。

  • UAがiPhone、iPad:ID=@i.softbank.jpのメールアドレス、パスワード=@i.softbank.jpのパスワード
  • ※UAがiPhone、iPadの場合、SIMを入れてプロファイルを一括設定して一度接続しまえばSIMなしでもそのまま通りますが、SIMが入っていると電話番号の紐付もチェックされます。

    あまり詳しく書くと、不正な利用が増えて何らかの対策がされるような気がしますので、この辺でやめておきます。

    Leave a Reply

    Fill in your details below or click an icon to log in:

    WordPress.com Logo

    You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

    Twitter picture

    You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

    Facebook photo

    You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

    Google+ photo

    You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

    Connecting to %s


    %d bloggers like this: