WiFiのルーター機能なんって要らねーっちゅうの part 2 – LAN-WH300N/DGRでWiFi強化

最近うちのデバイスも802.11nに対応したものが増えてきたものの、AP自体が802.11nに対応していないのでデバイス側で802.11gでしか接続できたいなかったし、どうもメインのAPの電波が弱いようなので結構スピードが出ない。ということで、ビックカメラに行ったついでに安く売っていた802.11n、ギガビットハブ付、電波が遠くまで届くと書いてあるLAN-WH300N/DGRを買ってみた。

これ一台で、既存のギガビットハブとAPを置き換えできるため電源を減らせるし、プリンタ共有のために常時オンになっているPCの代わりにプリンタサーバにもなるので、こちらのPCの省電力機能が使えるようになる。オリンピックに備えて、録画サーバー(こちらも常時オン)を新たに導入したので、なるべく他の電源を減らしたいという目的にも合う。

さて、こちらのAPはUSBの共有以外は至って普通の製品なので、設定はウェブから行い、設定項目も他のAPとほぼ同じ。スムーズに設定が終わり、優先接続のPCから先ほど設定してiTunesのリモートスピーカーに接続してみると音がちゃんと鳴った。今回ハブの数が減ってしまったのでもともと100Mbpsの有線でつないでいたPCをWiFi接続に変更し、こちらからもiTunesのリモートスピーカーに接続してみると、スピーカーは見えるものの、音が出るように選択できない。再度、何故なんだろう…

同じPCからAMEのネットワークに接続すると音が鳴り、LANで接続してあるPCでも音が鳴るが、このAPに接続するPCからは音が鳴らない。このAPのWiFiが別のローカルネットワークを作っているように見えるけど、既存のローカルネットワークに接続するように設定しているはずだが… ふと、この製品にはルーターモードとAPモードを切り替えるスイッチが付いていたのを思い出し、(デフォルトはルーターモード)APモードに変更してみると、このAPに接続したPCからも音が出るようになった。

AMEのケースも、今回のケースも、結局のところ親機のルーター機能が悪さをして、思った通りの動作をしてくれなかったのである。大抵の家にはWiFi親機が複数ないかもしれないし、ローカルネットワークなどないかもしれないが、既存のルーターとローカルネットワークがあり、複数WiFi親機がある場合は、本当に親機のルーター機能は不要以外の何物でもない… 今回はいい勉強になりました。

追記:意気揚々とこの新しいWiFi親機に3台のPCを優先で1台のPCを無線でつないで使い始めたら、何かがおかしい…Wifiはこけるし、有線も前よりも遅いような気がする。はやりこの値段で1台にハブ&Wifi親機機能は荷が重いらしく、元のハブにすべてつなぎかえて、WiFi親機とプリンタ共有機能だけをつかことにしてみた。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: