wildfire on cm7 nightly チューナップ1

ここ数週間、ずっとCyanogenMod 7 Nightly Buildを使ってきたわけですが、ここにきて7.1-RC1としてリリースされました。S-OFFもして、カスタム・パーティション・テーブルを導入し、/dataが315MBに増えたこともあり、もう少しチューンアップしてみることにしました。

と言っても、やったのはクロックアップだけです。ホーム→設定→CyanogenMod設定→パフォーマンス→CPU設定

クロックアップはバッテリの消費を速め、ハードウェア的にも負担が大きいので、あまり好きではないのですは、CM7のkernelはsmartassにも対応しているし、そうそう悪影響もないだろうと考えて上のような設定に変更してみました。

最小クロック数は122MHzまで下げたので、アイドル中の動作は通常よりも低クロックで動作しますし、最大クロック数も528MHz→633MHzへと20%しかあげていないので、体感的に大してバッテリの消費が速くなった感じはしません。ただ、たった20%のクロックアップですが、体感的なきびきびは向上しました。LaunchProでホーム画面をスワイプするときの引っかかりもなくなりましたし、ドロアーを開いたときのアニメーションもスムーズになり、結構満足です。有料アプリなど入れずに、簡単にクロックアップできるのも、CyanogenModのいい点ですね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: