root化&リカバリの書き換えはある意味危険

rootを取って、リカバリを書き換えて…って端末を買うと普通にすることなんだけど、よくよく考えてみると非常に危険だと思った。

暗証番号やパターンでロックがかけてあったとしても、端末をどこかに忘れてきて、拾った人がちょっと知っていればリカバリに入って、/data内のファイルを勝手に読むことができるんだよね。

最近、Androidフォンへのマルウェアの脅威がどうのこうの言われているけど、変なアプリをダウンロードして警告も読まずにインストールするより、rootを取って、リカバリを書き換える方がよほどセキュリティ的にはやばいと思うんだけど。マルウェア入りのレアなアプリをダウンロードするより、Android端末が普及し始めた今、端末を落としちゃう確率の方が全然高いと思う。

ネットを見てると、訳も分からず、「フォントを変えたいからroot化、リカバリ書き換え、S-OFF」とかしている人いるけど、ちょっと怖いと思った。大体フォントの入れ替えするだけならS-OFFなんて要らない。S-OFFはfastbootコマンドでイメージを直接焼いたり、既定のパーティションテーブルを変更したりするためのもの。この意味がわからなければ、S-OFFにする必要は皆無。

自分でROMを作って、頻繁にシステムを入れ替えるというわけでもなければ、フォントを入れ替えたり、システムに修正を加えた後で、リカバリやHBOOTをHTCの標準の物に戻して、セキュリティロックをかけた方がいいと思う。仕事のメールを使っているのであれば、なおさらそうした方がいいと思う。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: