Creative ZEN Touch 2 (with GPS)の考察:買ってはいけないと思う

メディアプレーヤーであれば同じような値段でもう少し高級感があるものもあるだろうし、Android端末であればもう少し融通のきくものもあると思います。定価で言えば、Creative ZEN Touch 2 with GPSは¥20,800、一方iPod touch 32GBは¥23,599です。両者を手に取ったときに、値段の違いが3,000円弱だと誰が思うでしょうか?というより、3,000円の違いなら誰がわざわざCreative ZEN Touch 2 (with GPS)を選ぶでしょうか????折角買ったので弄り倒そうと思いますが、個人的には他人に絶対勧めない商品ですね。

ちょっと購入ターゲットが中途半端な感じの製品です。需要と供給の問題かもしれませんが今どきの商品としてZen Touch 2は値段の割には作りも安っちく、Android搭載を前面に出しておきながらマーケットからアプリもダウンロードできず、スマホおたくが遊べるようにちょっと裏口を開けておくよ的なところもない。これでもう少し高級感があるデザインならメディアプレーヤーとしてユーザーに訴求できるかもしれませんが、プラスチックを多用した筐体は、子供のおもちゃ的な印象すらあります。

最悪なのは、遊び過ぎてシステムを弄りすぎたユーザーに元に戻す術を提供していないこと。今回のアップデートでSDカードからのupdate.zipのインストールをサポートしましたが、肝心のupdate.zipが提供されていません。Froyoへのアップデートファイルに入っているdataというupdate.zip形式のファイルは、リカバリでインストールできるような署名が施されていません。「何故??」

HTCが今のような成功を手にしたのは、スマホおたくが好きそうな機種を出していただけではなく、端末を弄れるように、弄って起動しなくても最悪元に戻せるような仕組みを提供していたからだと思います。こういうスマホおたくは(私を含め)、ロイヤルカスタマーになり、次から次へとHTC製の端末を買いあさってくれたのです。恐らくHTCもこのようなハイエンド・ユーザー層が存在することを意識しながらビジネスをしていると思います。同時にHTCは一般の消費者に訴求できるように、デザインにも力を入れてきました。この辺のキモが分かっていれば、クリエイティブも新たな需要を掘り起こせたと思うんですよね。

結論としては、Zen Touch 2をメディアプレーヤーとして買うのはいいかもしれないけど(値段の割に本体がちゃち過ぎるけど)、遊べるAndoid端末として買うのは絶対お勧めできないと思いました。

5 Responses to “Creative ZEN Touch 2 (with GPS)の考察:買ってはいけないと思う”

  1. Top_Gun Says:

    はじめまして。

    私も弄りすぎて、zen touch2が起動しなくなりました・・・。

    ちょっとシステム関係のapkを入れ替えてたりしたもので・・・。

    まずは解決策として、creativeで配布されているアップデート用のapkファイルから/asset/dateを取り出してupdate.zipにリネームし、sdカードにコピー

    そして、電源ボタン+ホームボタンで、system recovery 3eが起動するわけですが・・・。

    varify failedになってしまいます・・・。

    ということで、状況は酷似しているように思われるのですが、その後なにか解決の糸口が見いだせましたでしょうか?

    他にも復活のために試した手段がございましたら、ご教授願います。

    • qtotter Says:

      こんにちは。

      基本zen touch 2はAndroidが起動した状態でないとshellに入れず、リカバリモードではadb経由でshellに入ったりできないようになっているので、システムを弄りすぎてAndroidが立ち上がらなくなると、残念ながら今のところそれを直すことは不可能なんです。上でも書きましたが、dataというファイル自体はupdate.zip形式のファイルなのですが、署名がされていないのでリカバリから適応しようとしても、セキュリティチェック(正しい署名がされているかのチェック)で引っかかって、verify failedとなってしまいます。

      ちょっとframework-res.apkを書き換えて試してみよう!などということをしてAndroidが起動しなくなった場合、現状文鎮です。これを直す術(例えばリカバリーモードでのadbコマンドのサポートとか)が提供されていないので、システムファイルを弄るのは非常に危険ですという注意喚起のつもりで上のコメントを書きました。

      保証期間中ならメーカーに修理に出せば、有償か無償かは分かりませんが、修理してくれると思いますよ。実際にTop_Gunさんのようになったケースは多いと予想されますので、Creativeがリカバリーモードから適応できるupdate.zipを提供してくれれば、サポート・コストも抑えられるし、ユーザーにとっても遊び甲斐のある端末になると思うですよね…

      • Top_Gun Says:

        ご返事遅れました・・・。

        ご回答ありがとうございます。

        自分もいろいろと試してみました・・・署名関係もろもろ、まったくクリアできません。
        ネット上の情報も少なすぎるという問題もありますし・・・。

        そろそろ、Creativeにあたってみようかと考えてます。
        amazonで¥13,800で買ったものなので、諦めがつかないわけでもないですが(笑)

  2. 「Creative ZEN Touch 2 (with GPS)をポチって見る」の巻き « 犬を一匹飼っている Says:

    […] 追記:ポチる前にこちらを(Creative ZEN Touch 2 (with GPS)の考察:買ってはいけないと思う)ご覧ください。 […]

  3. creative大好き Says:

    電源キーとホームキーから行くやつでいじってたら、Android立ち上がったぜぇ!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: