Creative ZEN Touch 2 (with GPS)が届く

初めに第一印象から。全体的にプラスティックが多用されている筐体は、一言で言えば「チープな感じ」。プラスティックのせいか、バイブも軽い感じで、ちょっと気に障る音がします。とくに軽いわけでもないですが、13gしか違わないHTC Desireの方がずっしり感があります。もちろん光センサーなどは付いていないので、モニターの輝度も手動で調整する必要があります。320x480という画面には特に期待していませんでしたが、白地に黒文字は若干滲む感じはありますが、文字がギザギザで醜いということはありませんでした。静電容量方式タッチパネルに慣れていたので、やはり感圧式タッチパネルはちょっと使いにくいし、キーボードでの押し間違いが多発しました。慣れかな?デフォルトのスクリーンがランドスケープというのは、ちょっとありがたくない感じですが、画面のローテーションは比較的スムーズで、VGA以上のデバイスのような待たされる感はありません。

/systemパーティションは128MBなのでかなりきつきつです。何か入れる場合は不要なファイルを削除する必要がありそうです。(何故電話機能もないのに、電話やメッセージなどのアプリが入っているのか、理解できない…) 一方、8GBの内部ストレジの内3GBが/dataに割り当てられているので、好きなだけアプリを入れておけます。ユーザーが使えるストレジとして4.1GB程度割り当てられているし、SDカードも使えるので、メディアファイルなどをたくさん入れたい場合も、不自由はないと思います。

全体的な感想は、画面の解像度が低いせいか、動きはきびきびしていて、そこそこ使えるレベルだと思いました。難点はRAMが256MBということで、スクロールタイプのウィジェットなどRAMを喰うものは避けた方が吉でしょう。GPSのFIXは考えられないくらい遅いです。おまけと考えた方がよさそうですね。思った通りかなり使える格安WiFi専用Android端末という感じです。HTC Desireの弟分的に使っていこうと思います。次回は、カスタマイズの話になります。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: