Market Access

先日のDHD baadnwz V0.4cのページでスクリーンショットのサンプルを見ると、

下の方に、「MarketAccess」なる錠が開いているアイコンが… もしやマーケットの国やキャリアの制限を外すアプリか?!?!、と思いググるも名前が名前だけに全然関係のないサイトばかりひっかかる… もちろん、Androidマーケットにはそんなアプリは登録されていません。根気よく探し続けると、当該アプリのサイトMarketAccessに辿り着きました。

やはり、思った通りSIMのキャリア番号を偽装するアプリでした(要root)。試しに、キャリア番号をO2 DE(ドイツのO2)に設定して日本ではダウンロードできなくなっている「Skype」をダウンロードしてみると、普通にダウンロードできました。root化している方はお試しください。

ちなみにこの作者は、私が愛用しているNTP同期アプリClockSyncの作者の方でした。ソフトバンクは何故かNITZ(携帯の電波に時間帯・時刻の同期情報を流す)に対応していないので、端末の時間が微妙にずれてきます。Androidはアプリにシステム時計への書き換えアクセスを許可していませんが、root化していればシステム時計へのアクセスが可能です。時計はぴったりしている方がいい!という方は、root化してこちらのアプリを入れてみてはいかがでしょうか?こちらはマーケットでダウンロードできます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: