Androidでナビ

先日マップをカーナビ代わりに使って高速を乗ったら熱暴走でrebootとしてしまった、と価格.comで報告したところ、マップの「ナビ機能」の話が出てきました。

ネタとしては古いものなので既にご存知の方も多いかと思って、ここでは取り上げていなかったのですが、もしかして知らない方が多いのかも?と思い、念のため書いておきます。

マップには既に「ナビ機能」が付いており、アメリカなどでは普通のカーナビのように使えるようになっています。ただ、この機能は今のところ日本では使えないようになっています。声で、「この先右に曲がれ」とか教えてくれるのですが、これにはGoogleのテキスト音声読み上げ機能が使われ、今のところ西欧言語(英仏独伊西)しか対応していません。日本語の漢字仮名混じり文の解読は難しいので、この機能にすぐに日本語が追加されることはないのではないかと思います。

Brut.allという方がマップから地域をチェックする部分を無視する修正を加えたapkを公開しています。これをインストールすれば、日本でもこのナビ機能を使うことができます。
元ネタ:Brut Google Maps 4.4.0.4414-brut16

このマップを起動して経路検索をすると上の図のように「ナビを開始」が表示されます。開始すると下の図のように音声(英語)とともにナビが始まります。

ただ、このapkは本来のマップとは別なアプリとしてインストールされてしまいますので、端末には「地域チェックありマップ」と「地域チェックなしマップ」が二つ入ることになります。これでは紛らわしいですし、内部ストレジも無駄に食ってしまいます。

以下に、もともとあるマップを修正後のものに置き換える方法をまとめておきます。(要root)

まず、上の修正版はアプリの名前も、アイコンも変わってしまうので、本来のMaps.apkから地域チェックだけを取り除いた修正版をこちらからダウンロードして、SDカードに入れておきます。(元ネタ:Google Maps [brut] 4.4.0 stockified PROPER

これはupdate.zip形式になっているので、後はリカバリーモードやROM Managerなどからアップデートを行えば、もともとあるMaps.apkを置き換えてくれます。元ネタにも書いてありますが、おまけとして地図のキャッシュがデフォルトでオンになります。パケット通信の帯域の節約ができるので、ソフトバンクにも優しいですよね。

ただ、経路検索は都内でもすべての道が網羅されているわけではないですので、たまに道案内してくれないときがあります… それから、当たり前ですが3Gの電波が届かないところではナビとして使えませんので、山の中とかに行かれる場合は気をつけた方がいいと思います。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: