「ウィンドウズ2000期限切れ、15万台に脅威」って…

「ウィンドウズ2000期限切れ、15万台に脅威」
10年間のサポート期間が終了した米マイクロソフト社のOS「ウィンドウズ2000」が、自治体や国内企業のコンピューター15万台以上で使われていることが19日、分かった。
(中略)
サポートが切れると、無防備な状態でサイバー攻撃にさらされることになるが、予算不足を理由に使い続ける自治体も多く、住民情報の漏えいの危険性もある。

「サポートが切れる=無防備な状態でサイバー攻撃にさらされる」って何となく違和感がある記事で、これって宣伝なの?っと思ってしまう。サーバーでもないデスクトップがサイバー攻撃されたら、単にIT担当者が無能なだけじゃないのかな?大体、OSがサポートされないからって、デスクトップごと買い換えて、一台15万ってどういう計算なんだろう…

自治体のデスクトップならubuntuとopen officeで十分なんじゃないかな?何でWindows使ってるんだろう??

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: