Desireのバッテリの持ちをよくしよう計画 (Android2.1向けです!2.2には不要!!)

以前、『Desireを買ったら、まず始めにしておくべきと思うこと』を書きましたが、これを読んでタスク管理アプリを導入されて、うまく設定ができてない方がいらっしゃるようなので、タスク管理アプリでの私のIgnore listとKill listを公開したいと思います。

■■Ignore list■■(自動終了させてはいけないタスクのリスト)
BlueTooth Share (システムが自動的に呼び出す。BTを使っていなくても必要)
FMラジオ (システムが自動的に呼び出す。FMラジオを使っていなくても必要。Ignoreにしないと、スリープ移行時にラジオも止まって聞こえなくなる)
Gmail (システムが自動的に呼び出す。使っていなくても必要)
Google Partner Setup (システムが自動的に呼び出す)
HTC Message Uploader (システムが自動的に呼び出す)
アップデータ (システムが自動的に呼び出す)
カレンダー (システムが自動的に呼び出す。使っていなくても必要)
ギャラリー (システムが自動的に呼び出す。使っていなくても必要)
パッケージインストーラ (システムが自動的に呼び出す)
マーケット (システムが自動的に呼び出す)
マイアップロード (システムが自動的に呼び出す)
メール (システムが自動的に呼び出す。使っていなくても必要)
メッセージ (システムが自動的に呼び出す。使っていなくても必要)
音楽 (システムが自動的に呼び出す。音楽を使っていなくても必要。Ignoreにしないと、スリープ移行時に音楽も止まって聞こえなくなる)
連絡先 (システムが自動的に呼び出す。使っていなくても必要)
Facebook for HTC Sense (Senseが自動的に呼び出す。Facebookを使っていなくても必要)
Footprints (Senseが自動的に呼び出す。使っていなくても必要)
Peep (Senseが自動的に呼び出す。Twitterを使っていなくても必要)
センスプラグインマネージャを開く (Senseが自動的に呼び出す。使っていなくても必要)
時計 (Senseが自動的に呼び出す。時計ウィジェットを使っていなくても必要。Ignoreにしないと、スリープ時に時計が止まったり、アラームが鳴らなくなる)
Battery Indicator (自分で入れたアプリ。常駐して、上のステータスバーにバッテリの残量を数字で表示)
Handcent SMS (自分で入れたアプリ。)
RingGuard (自分で入れたアプリ。常駐して、ボリュームボタンの誤操作を監視)
Simeji (自分で入れたアプリ。常駐して、日本語入力ができるようになる

■■Kill list■■(自動終了させたいタスクのリスト)
Teeter
YouTube
カメラ
ブラウザ
ボイスレコーダー
マップ
電卓
その他自分で入れたアプリ

Ignore listを作る上で重要なのが、システムやSense(ホーム。待ち受け画面のこと)が自動で呼び出しているものを自動終了させてはいけないということです。もともと入っているアプリは、システムに最適化されていますので、バッテリをあまり消耗しません。

「twitterなんて使ってないから、PeepはKillに設定しておこう」は間違いです。なぜならホームに戻るときにSenseがPeepを立ち上げるため、Peepを自動終了させてしまうと、Peepの起動→終了→起動→終了…を永遠と繰り返すので、ホームへの移動が待たされたり、CPUを必要以上に使うのでバッテリの持ちにも悪影響を与えます。

「K-9を使ってるから、GmailはKillに設定しておこう」も間違いです。システムが自動でGmailを立ち上げるため、Gmailを自動終了させてしまうと、Gmailの起動→終了→起動→終了…を永遠と繰り返します。これもバッテリの持ちには逆効果です。

基本的に、自分でインストールしたアプリはKill listに登録して大丈夫ですが、Ignore listに入れないと正しく動かないものもあります。それは常駐して使うシステムの一部のように機能するアプリです。バッテリの消費をグラフ化してくれるようなアプリにしても、スリープ時に自動終了するように設定してしまうと、スリープ時の電力消費がわからなくなりますよね?

ときどきインストールしてあるアプリのアップデートのお知らせがあると思います。これも要注意です。私が使っているTaskPanelというタスク管理アプリですが、どうもアプリのバージョンアップを正しく認識していないようです。つまり、アプリのアップデートを繰り返しているうちに、TaskPanelを使っていてもバッテリの持ちが悪くなることがあります。この場合は、一度Ignore listとKill listをすべて削除して、再度作り直すことで元のようにバッテリの持ちが回復します。今使っているアプリで特に支障がない場合は、アプリのアップデートの通知を止めるのも手だと思います。通知があると気になってアップデートしてしまいますしね。

よく、バッテリの消費を抑えるためにはタスク管理アプリを使った方がいいとか、タスク管理アプリは逆効果だとか、まったく異なる意見を見かけますが、正確に言えば、「正しい設定でタスク管理アプリを使うと、劇的にバッテリの消費を抑えることができる」が「誤った設定でタスク管理アプリを使うと、端末のパフォーマンスやバッテリの消費を悪化させることがある」ということです。

WiFi、3G、GPS、BT、同期をオンにしたままでも、うまく設定してあれば、WiFi環境下ではスリープ時のバッテリの消耗は1時間当たり1%以下、3G環境下ではスリープ時のバッテリの消耗は1時間当たり1%程度になるはずです。つまり、100時間程度の待ち受けが実現できます。さらにバッテリの消耗を抑えたい場合は、適宜WiFi、3G、GPS、BTのオンオフをこまめに設定すればいいと思います。

また、電波のつかみが悪ところに長い時間いると、バッテリを消耗します。これは電波を捕まえようとして、通常よりも多く電力を消費するからです。地下鉄に長い時間乗ることが多い方は、地下鉄に乗っている間はフライトモードに設定しておいた方がいいと思います。

タスク管理アプリを入れても、スリープ時のバッテリの消耗が1%を超えている方は、上記の内容をよく読んで、再度設定しなおしてみてください。

One Response to “Desireのバッテリの持ちをよくしよう計画 (Android2.1向けです!2.2には不要!!)”

  1. Tweets that mention Desireのバッテリの持ちをよくしよう計画 « 犬を一匹飼っている -- Topsy.com Says:

    […] This post was mentioned on Twitter by つぶやき五郎, ralit. ralit said: PeepとかFootprintsとかFacebookとかをAuto-killするとかえってバッテリを無駄に消費するみたい。#desire http://bit.ly/cbi5Eb […]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: