Why MMS??

個人的に、日本では携帯メールが歪に発達してしまったと思っています。キャリアが囲い込みでSMSを同じキャリア内に制限しているのが、一番大きな要因だと思います。

主に携帯メールを携帯同士のやり取りに使っている人が多いことを、最近知りました。これこそSMSでことたりてしまうものだと思います。

SMSキャリア内限定→携帯メールはキャリア外の人ともやり取りできる→携帯メールアドレスを変えたくないから、キャリアを変えない

サービスの価格や質でのキャリアの選択ではなく、単に囲い込まれているからキャリアを変えられない…

携帯メールの実装も各社独自に行ったので、日本以外のMMSと互換性がありません。囲い込み競争の一環で、ありとあらゆる機能が当たり前のように携帯に搭載されたました。ウェブもアプリも、各社独自規格。結局のところ、携帯電話機メーカーの国際競争力を疲弊させ、ウェブやアプリの開発者も三社に対応する必要があるなど、ユーザー以外にも弊害を生み出しました。

ここにきて総務省はSIMロックの議論をしています。SIMロック解除へ道を作ることはいいことだと思います。ただ、業界内でのメール、ウェブ、アプリの規格化が行われなければ、国内だけを見るとあまり効果はないと思います。

スマートフォンの人気の高まりで、キャリアも独自規格での囲い込みの弊害を自身で体感していると思います。iPhoneでMMSの対応が遅れた、Xperiaではまだimodeメールが使えない、ガラゲーのアプリが使えない、等など。AppleがiPhone自体とApp Storeからの収益確保のために、最近囲い込みを強めているような気がしますが、ガラパゴス化しないことを祈るばかりです。

携帯でメールができることが当たり前の今、逆にキャリアが携帯メールを提供する意味があるのか?Gmail、Hotmail、Yahoo mailなどでプッシュできるようにして、ユーザーに選択の自由を与えて、そのサービスやパケット代で収益を得る方が長い目で見て賢いような気がします。個人向けブラックベリーのビジネスモデルには先見性を感じます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: