The first thing you should do after you get a Desire (Android2.1向けです!2.2には不要!!)

Android2.1はマルチタスクに対応しています。現状あまりシステムのタスク管理が洗練されていないので、普通に使っているとRAMが底を尽きるまでいろいろなアプリが立ち上がったままになります。バックグラウンドで走っている必要のないアプリがCPUやRAMを使うので、折角のSenseの動作がもっさりしたり、地図や広告付きのアプリがバックグラウンドで走っていると、通信しっぱなしになり、結果的にバッテリがみるみる減っていきます。

ユーザーが動的にタスク管理をするというのは、ちょっと本末転倒だと思いますが、するとしないとで、使い勝手が大きく変わります。

個人的に、Desireを買ったら、まず始めにしておくべきと思うことを書いておきます。

■■簡単編■■ (もっさり感はなくなりますが、バッテリの消耗はあまり改善しないかもしれません)

1. 一番初めの起動後に、初期設定が行われると思います。

2. Simejiとか使いたい方は、まずそれを入れます。それ以外はまだアプリをインストールしないでください。

3. 次に、標準のアプリを弄ったり、使いたいウィジェットを画面に配置します。

4. 一通り弄ったら、まずは電源を落として、再起動してください。

5. ここでまず、タスク管理のアプリを導入します。私は以前TaskPanelを使っていましたが、今はTask Manager (by Apollo)を使っています(どちらも英語です)。前者は、Kill list(自動終了するアプリのリスト)とIgnore list(自動終了させないリスト)を作らないといけませんが、後者はIgnore listだけ作ればいいので、簡単です。以下、Task Managerでの設定を説明しますが、他のタスク管理アプリも大体同じです。

6. Task Managerを立ち上げると、今起動しているタスクがすべて表示されます。起動したばかりなのに、たくさんのタスクが走っていることが分かると思います。これらはシステムで必要なタスクです。Task Managerも含め、すべてのタスクを一つづつ長押しして、Ignore listに追加していってください。すべてです!こんなアプリ使わないからIgnore listに入れなくてもいいんじゃない?と思うタスクもSenseが呼び出しますので、Ignoreリストに必ず入れてください。(理由は下の★を参照)

7. この作業が終わったら、マーケットから好きなアプリやウィジェットをインストールしてください。この時、いつもDesireに常駐しておく必要があるアプリやウィジェット(バッテリの残量表示とか)をメモしておいてください。大抵のアプリは常駐させておく必要はありません。ニュースなどを表示するウィジェットは情報を更新する間隔に注意しないと、バッテリを結構消費しますので注意してください。

8. 再びTask Managerを起動して、メモっておいたアプリをIgnore listに追加します。最後にTask ManagerのSettingで以下の項目を確認します。

・Auto Startupにチェックが付いている

・Enable Auto-killにチェックが付いている

・Auto-kill Notificationは自動でタスクが切られるたびに知らせてくるので、チェックをはずしておいた方がいい

・Auto-kill Delayではスクリーン・オフ後どれくらい時間が経ったときに、Auto-killで不要なタスクを切るかを設定します。私は3分に設定しています。0分に設定すると、電車の乗り継ぎ時とかに、ちょっと電源オフにして、しばらくしてからまた続きを行うとかできませんので、自分に合った時間を見つけてください。

これを一度行うだけで、Senseが固まったり、全体的にもっさりすることなく、バッテリも普通に使えば1日は持つようになりますし、かなり幸せなDesire生活が送れると思います。お試しください。Task Managerの使い方とかは、日本語で詳しく説明されている方も多いので、検索してみてください。ただ、同じ名前で複数のアプリがありますので、注意してください。

★どのアプリがどのような挙動をするか分かっている方は、この順番でやらなくてもいいと思います。また、アプリの中には起動時にバックグラウンドで立ちあがるものもあります。ウィジェット付きのアプリとか。ウィジェットを使いたい場合、Ignore listに登録しないと、逆効果になる場合があります。ウィジェットがアプリを起動→Task Managerがアプリを終了→ウィジェットがアプリを起動…を繰り返して、CPUを必要以上に使い、バッテリの消耗を早めます。タスクマネージャを乗り換えるときのために、Ignore listをメモ書きなどに残しておきましょう!

■■ちょっと面倒編■■ (ちょっとひと手間多いですが、もっさり感は解消しますし、こっちの方がバッテリの持ちがいいような気がします)

スリープ時にあまり差はないけど、でもやっぱり、ちょっと使い勝手が面倒なTaskPanelの方がバッテリの減りが少ないような気もする… 気のせいかな…? TaskPanelに広告がないせいかなぁ…?

※Task Manager (by Apollo)のかわりに、TaskPanelを使います。

1~7までは一緒。(Task Manager をTaskPanelに読み替えてください)

8. 再びTaskPanelを起動して、メモっておいたアプリをIgnore listに追加します。最後にTaskPanelのSetupで以下の項目を確認します。

Register for Auto-StartupがRegistered

Setup Auto-KillerがEnable

9. 自分でインストールしたアプリを全部走らせる。再びTaskPanelを起動して、起動しているタスクを長押しでKill listに登録。最後にKill All Background Tasksをタップして、終了。

(アプリが多い場合、この作業は数回に分けてやってもいいです)

TaskPanelを使う上での注意点

フォアグラウンドのアプリはAuto Killされません。つまり、アプリを使っていて、その画面のままスリープにすると、そのアプリは走り続けます。この機能は、今アプリを使っていて、電源ボタンでスリープにしておいて、ちょっと後にまた使うときなどには便利ですが、マップとかフォアグラウンドのままで忘れちゃったりするとあまり節電効果がないかもしれません。必ずホームに戻ってから、電源オフとか癖をつければいい話なのですが。無料有料も含めいろいろ試していますが、タスクマネージャはどれも一長一短ですね。

時々、「あれっ、こんなアプリ見たことないけど…」というタスクが走っていたら、システムのタスクである可能性があるので、Ignore listに追加しておきましょう。新しいアプリをインストールしたら、常駐が必要な物ならIgnore、自動で切っても問題ならKillに登録しておきましょう。いちいちこれが面倒なんですよね…

★アプリをインストールするとき、「このアプリケーションは下記にアクセスする場合があります」とオレンジで注意書きが表示されますが、これを読むだけでもそのアプリがどのような挙動をするのかがある程度予想できますので、KillにするかIgnoreにするのか判断する材料になると思います。

それから重要なのは、基本的に自分が入れたアプリのみをKillした方がいいです。よくネットで、「電話が鳴らない」とか「目覚ましが鳴らない」とかそういう書き込みを見かけますが、システムのタスクまでKillしているからだと思います。例えば、「音楽」をAuto Killに設定してしまうと、画面が暗くなって、スリープモードに移行すると、プレーヤーが停止して音楽が聴けなくなります。もともと入っているアプリやタスクはあまりリソースを喰いませんので、むやみにAuto Killに設定しない方がいいと思います。マップやカメラやブラウザはAuto Killに設定しても大丈夫です。

(追記 6/18)最近アプリのアップデートを繰り返しているうちに、どうもバッテリの消耗が以前に比べて目に見えて速くなりました。一旦、TaskPanelをアンインストールして、インストールしなおし、再度Kill listとIgnore listを作りなおしたところ、バッテリの消耗が元に戻りました。おそらくTaskPanelがアプリのバージョンを正しく追随しておらず、タスクが正しくAuto Killされていないような気がします。たまに、Kill listとIgnore listを全部作り直した方がいいと思います。

■■バッテリを気にする方へ■■

あくまでも個人的な意見です。Desireが発売される前のAndroidフォンに関する情報を見ると、プロファイルアプリを使って「WiFi、3G、GPS、BT」をこまめにオンオフするのは必須!みたいなコメントを目にしますが、Desireのスリープ時のデバイスの電力管理はかなりいいと思いますので、気休めまでとは言いませんが、手間の割には効果は薄いと思います。私はBTを使いませんのいつも切っていますが、WiFi、3G、GPSは付けっぱなしですけど、結構バッテリは持ちます。GPSは位置情報を使うアプリを使う時しかオンにならないようです。丸一日外出で、WiFiを使うことがないと分かっているときは、WiFiを切っておくくらいしかしていません。有機ELディスプレイはバックライトではなく、画素自体が発光するので、壁紙もなるべく暗いものの方がバッテリの持ちがいいと聞きますが、バッテリの消費の内訳を見る限り、気休め程度かな?と思えます。経験上、タスク管理をきっちりする方が、バッテリの持ちには影響が大だと思います。

ちなみに、飛行機に乗ったり、船に乗ったりして、絶対に携帯の電波が届かない場所にいるときは、フライトモードにするか、携帯の電源をオフにした方がいいです。携帯電話一般に言える話ですが、電波が見つからないと、電波を探そうとして通常より多くの電力を消費します。WiFiも接続されていないと、定期的にアクセスポイントを探すのですが、携帯の電波探しよりは電力は食わないと思います。

5 Responses to “The first thing you should do after you get a Desire (Android2.1向けです!2.2には不要!!)”

  1. qtotter Says:

    価格コムにこのエントリーのリンクを張っておいただけのですが、一日で数百ものアクセスがあったのでびっくりしました…

    結構価格コムって見てる人多いんですね。

  2. neleus Says:

    昨日から、HTC desire を使い始めました!
    マルチタスクの管理の必要性は気になってたので、この記事を参考にさせていただきました。

    • qtotter Says:

      neleusさんは6/9入手組ですね。おめでとうございます。

      この記事のビジター数を見てると、出荷予定日の前日にビジター数がぐっと伸びるので、「皆さん、SBから入荷の連絡があったのかな?」と、眺めています(笑)

      ちょっとでもお役に立てたのでしたら、幸いです。

  3. HTC desireに携帯からアドレスを移行した 【IT・ガジェット】 « 水槽と家具 Says:

    […] 参考にしたのは、この記事(The first thing you should do after you get a Desire (改))、Task Manager […]

  4. Desireのバッテリの持ちをよくしよう計画 « 犬を一匹飼っている Says:

    […] Desireのバッテリの持ちをよくしよう計画 By qtotter 以前、『Desireを買ったら、まず始めにしておくべきと思うこと』を書きましたが、これを読んでタスク管理アプリを導入されて、うまく設定ができてない方がいらっしゃるようなので、タスク管理アプリでの私のIgnore listとKill listを公開したいと思います。 […]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: